ショーケースロゴ


▶ YouTubeで再生する
 公演・展示・上映等の企画、制作・運営に関わる事業者・施設運営者  舞踊 

TRIAD INTERMISSION vol.1「ダンステレポーテーション」展~時空を超える振付、浮遊する言葉と身体~
オープニングトーク

申請者名(団体)名
一般財団法人セガサミー文化芸術財団
  • 撮影日 : 2020年08月06日
  • 配信日 : 2020年08月06日
  • 撮影施設 :Dance Base Yokohama
  • ダイジェストURL :https://youtu.be/kCrPya2XUWc
内容

ゲスト:山﨑広太(『ダンステレポーテーション』振付ディレクター)
金子愛帆、木原萌花、久保田舞、小暮香帆、幅田彩加、望月寛斗、横山千穂(『ダンステレポーテーション』参加ダンサー)
唐津絵理 (DaBYアーティスティックディレクター)
ファシリテーター:吉田拓

新型コロナウイルス感染拡大を受け、場所も時間も超えたダンスの在り方を探るための新たなプロジェクト『ダンステレポーテー ション』が始動。来日中の山﨑氏、プロジェクト参加パフォーマーと共に、今回の創作プロセスや展示作品についてを深く掘り下げて伺った。
トークイベント冒頭には、山﨑氏による約25分のパフォーマンスを開催し来日自体が希な山﨑氏のパフォーマンスを目にすることができる貴重な機会となった。

■「ダンステレポーテーション」展 ~時空を超える振付、浮遊する言葉と身体~
山﨑広太の新プロジェクト『ダンステレポーテーション』の創作プロセスから生まれた、全11名のダンスアーティストによる映像、写真などの作品を、Dance Base Yokohama(DaBY)アーカイブエリア及びその周辺にて展示。
 
振付ディレクター: 山﨑広太
ダンスアーティスト:岩渕貞太・小暮香帆・小野彩加・金子愛帆・木原萌花・久保田舞・栗朱音・ながや こうた・幅田彩加・望月寛斗・横山千穂
 
会期:8月7日(金)から9月13日(日) 10:00~18:00 (火~土 / 日・月休 ※9月13日は開館)
会場:Dance Base Yokohama 及び KITANAKA BRICK&WHITE の一部 (※みなとみらい線馬車道駅2a出口直結)
入館料:無料
主催・企画制作:Dance Base Yokohama